注目の医療系資格です|介護の資格を取ろう|日本の未来を担うもの
医者

介護の資格を取ろう|日本の未来を担うもの

注目の医療系資格です

レディ

今後は女性技師に注目です

診療放射線技師とは医療機関などで医師の指示のもとに、レントゲン装置やCT装置やMRIなどの機械の操作を行う専門職です。診療放射線技師は国家資格であるため、試験に合格して免許を取得しなければその業務を行うことができません。更に診療放射線技師の国家試験を受けるためには、指定された養成機関や学校に通って必要な単位を取得する必要があります。一見ハードルが高そうに見えますが、国家試験の合格率は80%前後を推移しているので、養成機関や学校でしっかり勉強することがとても大切です。診療放射線技師は男性の比率が多い資格ですが、最近では女性の技師に注目が集まっています。何故なら近年では乳がん検診の受診率が高まり、マンモグラフィ検査を受ける人が増え、男性技師よりも女性技師を希望する人が多いからです。

過去問の活用

国家資格である診療放射線技師の合格率は高いですが、だからといってしっかり勉強しなければ合格できません。養成機関や学校でも試験対策は行いますが、試験勉強のポイントを押さえておくと効率が良いです。一番のポイントは過去問をしっかり解くことです。但しただ問題を解くのではなく、繰り返し問題を解いて分からない箇所があれば理解できるまでテキストを調べることが大切です。最初のうちは分からない問題が多いので解くのに時間がかかりますが、上記のサイクルを繰り返すことで類似問題に対応することができ、やがて過去問を解く時間が短縮されてきます。そうすることで苦手分野に力を入れて勉強できるなど、全体の底上げができるようになり合格に近づきます。