病院で働きたい人へ|介護の資格を取ろう|日本の未来を担うもの
医者

介護の資格を取ろう|日本の未来を担うもの

病院で働きたい人へ

ナース

看護を担う資格は、看護師と准看護師の2つがあります。准看護師の場合、医師の指導の下でのみ業務が行えますが、看護師の場合は自分の判断で業務を行えます。そして、看護師が国家資格である一方、准看護師は国家資格ではなく、都道府県知事によって免許が与えられています。看護師になるためには、高校を卒業して専門の学校で必要事項を学んだうえで、国家試験を受ける必要があります。また、すでに准看護師になっているのであれば、より短い期間で国家試験を受けることができます。高校卒業後には、専門学校・短大・4年制大学と3つの道があり、専門学校と短大では3年と1年短くなっていますが、大学の場合では保健師や助産師のカリキュラムを同時に学ぶことができます。

現在、医療の現場は高度で専門性が高まっているので、それに伴い看護師も専門的な知識が求められるようになっています。なので、じっくりと学ぶことができる大学へ入学する人たちが増えてきています。また、高齢化社会に向けて働き先も多くなっていますが、高い技術と深い知識があれば待遇に恵まれている働き先を選ぶことができます。大学を選ぶのであれば、やはり難関大学を選んだ方が就職先にも恵まれます。また、大学によっては就職しやすい病院もあるので、将来働きたい病院があれば、その病院に縁が深い大学を選ぶことをおススメします。大学では幅広く学習ができ、多くの資格を得ることができますが、助産師の資格は現行法では女性しか取ることができないので、注意が必要です。